地震けん

画像のダウンロード(ファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。)   
メタデータのエクスポート csv    json-ld    rdf/xml    turtle    n-triple   
メタデータ
資料番号
I-02-094

サブコレクション
石本コレクションI

内容分類
災害

資料分類
鯰絵

年月日
安政2年10月2日

印刷分類
木版(多色)

縦×横(cm)
37×25.5

備考
同資料:II-01-019(解説と翻刻テキストデータあり)

資料解説
弘化四年(一八四七)正月、江戸で大流行した「とてつるけん」の唄をもじり、人々の避難の様子、地震後の大工の手間賃の高騰について記している。弘化四年から安政二年(一八五五)十月まで、約八年が経過しているが、安政地震時の絵で「とてつるけん」をもじった絵は他にも確認でき、根強い「とてつるけん」人気を伝えている。ここには怖いものとして例えられる「地震、雷、火事、親父」が描かれている。地震を起こす大鯰と、雷、火事は狐拳を打ち、親父がそれを眺めている。傍らに徳利と猪口が描かれているが、狐拳はお座敷遊びで、勝負に負けると酒を飲まなければならなかった。【湯浅淑子】