冠註傍解注心經(カンチュウ ボウカイ チュウ シンギョウ) / (宋釋)道隆蘭溪述 ; (日本)町元呑空註解.

画像のダウンロードファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。ダウンロードがうまく実行されない場合には、こちらのダウンローダをご利用ください(但しWindowsのみに対応)。   
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
書名よみ
カンチュウ ボウカイ チュウ シンギョウ

書誌情報
京都 : 出雲寺文次郎 東京 : 森江佐七, 1887.6 19丁 ; 26cm 注記: 書名及び責任表示は巻頭による ; 見返しに「出雲寺松栢堂森江擁萬閣合梓」とあり ; 版心に「二書房藏」 とあり ; 木版 ; 和装. 袋綴じ

請求記号
鴎C40:776

画像
全頁(ほぼ全頁に書入有)

内容記述
『般若心経』の本文に蘭渓道隆が注を付けた『注心経』に対し、町元呑空がさらに注解を行った書。鴎外の書入れは全篇にわたるが、おおむね二種類に大別される。第一には『大乗起信論』などの書物からの引用であり、鴎外が他書とも併せて読むことで『般若心経』の理解につとめたことが知られる。第二には、仏教語に対してドイツ語で語義を記したものであり、鴎外の仏教教学理解の過程がうかがわれて興味深い。14丁裏にはショーペンハウエルの名前も見えている。(出)

区分
和書