Phönomenologie des Unbewussten / von Eduard von Hartmann.

画像のダウンロードファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。ダウンロードがうまく実行されない場合には、こちらのダウンローダをご利用ください(但しWindowsのみに対応)。   
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
書名よみ
Phönomenologie des Unbewussten / von Eduard von Hartmann.

書誌情報
10. erw. Aufl. Leipzig : W. Friedrich, [188-?]. xxviii, 478 p. ; 24 cm. -- (Eduard von Hartmann's Ausgewöhlte Werke ; Bd. 7 . Philosophie des Unbewussten ; Theil. 1)

請求記号
鴎A100:1664

画像
書入頁

内容記述
エドワルド・フォン・ハルトマン『無意識哲学』。 発行年は1890年か。現象の背後に無意識を想定した二元的世界論を説く。『妄想』内の、ベルリン留学時代購入の旨はフィクションで、おそらく帰朝後の読書になり、その当時はボレリウス(J.J.Borelius)の『現代独仏哲学瞥見』(Blicke auf den gegenwärtigen Standpunkt der philosophie in Deutschland und Frankleich、鴎B400:145)、シュヴェーグラー(A.Schwegler)の『西洋哲学史』(Geschichte der Philosophie im Umriß、鴎A100:5587)による知識だったと推測されている。 とりわけよく読んだのは、第3巻の「生理学と進化論の立場から見た無意識」ともう1つのダーウィン批判論で、これらは元来『無意識哲学』とは別著であり、鴎外所蔵の第10版において収録された部分である。『現代独仏哲学瞥見』にも紹介されており、そこには「自著駁論」の書入れがある。(山)

区分
洋書