樂小記續(ガク ショウキ ゾク) . [写本]

画像のダウンロード(ファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。)     
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
書名よみ
ガク ショウキ ゾク

書誌情報
([製作地不明] : [森鴎外], [1---]) 1冊 ; 24cm 注記: 書名は題簽による ; 写本 ; 『日本雅樂概辨』栗田寛撰『樂器考』藤原守中撰『歌舞品目』より抄出 ; 和装. 袋綴じ

請求記号
鴎F20:63

画像
全頁

内容記述
鴎外による、楽器(主として日本の古楽器)の性質や来歴を抄書したノート。晩年のものと推定される。内容は、『日本雅楽概弁』、栗田寛『楽器考』、藤原守中『歌舞品目』などからの抜抄である。鴎外は、大正6年(1917)より同11年(1922)死去の年に至るまで帝室博物館総長の職に就いていたが、その間、同館所蔵の本について、目録『帝室博物館書目解題』を編んでいた。『日本雅楽概弁』と『歌舞品目』は、この『書目解題』の中で言及されている。『楽小記続』制作の際も、帝室博物館蔵本が参看されたのかもしれない。(多)
関連作品: 『帝室博物館書目解題』(全集20巻)

区分
和書