System der Rechtsphilosophie / von Adolf Lasson.

画像のダウンロード(ファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。)     
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
書名よみ
System der Rechtsphilosophie / von Adolf Lasson.

書誌情報
Berlin ; Leipzig : J. Guttentag, 1882. xvi, 708 p. ; 23 cm.

請求記号
鴎L510:9

画像
書入頁

内容記述
アドルフ・ラッソン『法哲学体系』。 ラッソンはドイツ観念主義の哲学者として知られ、本書は彼の主著のひとつ。序章の他に、法と秩序、法と実践理性(「実心」)、法と正義、法と自由に関する章など限られた章に書入れ・下線が集中している。 “Eindrücke” [感想]には、 “Die Civilization ruht auf die historische Grundlage ; Vergl. Lasson, Rechtsphilosophie”(「文明は歴史的基礎の上に立つ。ラッソンの法哲学と比較せよ。」)とあるが、これはラッソンからの直接の引用ではなく、ラッソンの序文にあるドイツ等ヨーロッパ諸国の国民性についての議論、あるいはラッソンの歴史的方法論についての議論に関する、鴎外自身による要約であろう。(河)
関連作品: “Eindrücke” [感想](全集38巻)
参考文献: 小堀桂一郎『若き日の森鴎外』東京大学出版会,1969年

区分
洋書