華嚴五教章(ケゴン ゴキョウショウ ) . [写本]

画像のダウンロード(ファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。)     
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
書名よみ
ケゴン ゴキョウショウ

書誌情報
([製作地不明] : [森鴎外], [1---]) 1冊 ; 25cm 注記: 書名は巻頭による ; 写本 ; 和装. 袋綴じ

請求記号
鴎A00:6511

画像
全頁

内容記述
『華厳五教章』は唐代の華厳宗第3祖、法蔵の著にかかり、華厳宗の教判である五教判をもとに、華厳学の体系を組織した論である。本書は、『華厳五教章』についての何らかの注釈もしくは講義の抄録、あるいは鴎外の自習ノートと考えられ、ドイツ語のメモも散見している。内容は「三国伝来」「本章ノ縁由」「本文」と立項されており、前二者は『華厳五教章』の概論となっている。また、「本文」の項は語句注釈を主とし、多くの図解が挟まれているが、その対象となっているのは『華厳五教章』本文のごく冒頭のみであり、注解の試みとしては中断している。(出)
参考文献: 小川宏「「唯識鈔」と「華厳五教章」について」(『図書館の窓 東京大学附属図書館月報』Vol.13, no.4,1974年4月)

区分
和書