松浦佐用媛石魂録(マツラ サヨヒメ セキコンロク) / 滝沢馬琴著 ; 渓斎英泉画.

画像のダウンロードファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。ダウンロードがうまく実行されない場合には、こちらのダウンローダをご利用ください(但しWindowsのみに対応)。   
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
書名よみ
マツラ サヨヒメ セキコンロク

書誌情報
東京 : 東京金玉出版社, 1883.6 9冊 ; 23cm -- 前編壱 - 後編七 注記: 和装. 袋綴本

請求記号
鴎E24:252

画像
書入頁

内容記述
戯作者滝沢馬琴の読本で、前編が文化5年(1808)に、後編が文政11年(1828)に刊行された。本書は明治16年(1883)の後印本。「癸未七月抄記牽舩生」との書入れがあり、明治16年に読んだものであることが分かる。第一冊の題簽には、鴎外が柱題に印字されている「一名唐蓬大和言葉」の題を書き足しており、前編の目録の前には「姓氏略目」を書いた紙を貼付している。また、巻一に記された馬琴の望夫石についての考証に対し、自らも諸書の記述を引用注記して、知見を加えようとしている。物語の内容や構成についての評も多く書き込まれており、熱心な読書の様がうかがえる。(小)

区分
和書