Kleine Schriften zur Litteratur und Kunst / von Adolf Stahr.

画像のダウンロード(ファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。)     
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
書名よみ
Kleine Schriften zur Litteratur und Kunst / von Adolf Stahr.

書誌情報
Berlin : J. Guttentag, 1871-1875. 4 v. in 3 ; 19 cm. -- Bd. 1 ; Bd. 2 ; Bd. 3-4. 注記: Bd. 1. Biographische Skizzen und Nachrufe -- Bd. 2. Biographisches und Kritisches -- Bd. 3. Aus dem alten Weimar -- Bd. 4. Aus meinen Lebenserinnerungen, Biographisches und Kritisches

請求記号
鴎E100:59

画像
書入頁

内容記述
アドルフ・シュタール『文学と芸術に関する小品集』。 シュタールは19世紀中頃から後半に活躍した作家、文学史家。演劇批評でも知られる。本書は作家・芸術家についての伝記スケッチ集。文字の書入れは多いが、特に第2巻のカール・インマーマンについての章は熟読の跡が見られる。鴎外は「再び劇を論じて世の評家に答ふ」で「イムメルマンは所謂理想主義を以て舞台を治めんとし空前絶後の一英雄なり」とインマーマンを高く評価している。また「演劇場裏の詩人」にもインマーマンについての議論がある。(河)
関連作品: 「再び劇を論じて世の評家に答ふ」(全集22巻)
関連作品: 「演劇場裏の詩人」(全集22巻)
参考文献: 井戸田総一郎「文学者と劇場-鴎外の「演劇場裏の詩人」を読む-」(『文学』8巻3号,1997年7月)

区分
洋書