倉城大略志(ソウジョウ タイリャクシ) . [写本]

画像のダウンロードファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。ダウンロードがうまく実行されない場合には、こちらのダウンローダをご利用ください(但しWindowsのみに対応)。   
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
書名よみ
ソウジョウ タイリャクシ

書誌情報
([製作地不明] : 密道峯意, 文化10.6[1813]) 1冊 ; 24cm 写本 ; 巻末に「于時寛政三年辛亥仲春日 生年八十六 春日蔵人源信映」とあるものの写 ; 無辺無界 ; 奥書に「于時文化十壬酉年六月上旬 密道峯意寫之 密教山廣隆寺實應代 蜂谷加六蔵 明治三十五年二月五日夜校了鴎外漁史源高湛」とあり

請求記号
鴎G25:51

画像
全頁

内容記述
春日信映《のぶあき》著『倉城大略誌』、『倉府俗話伝』を抄写したもの。鴎外自筆の部分とそうでない部分とが混在しており、また鴎外による多数の校訂の跡がある。後識語に「明治三十五年二月五日夜校了鴎外漁史源高湛」とある通り、小倉時代に制作された。 小倉城や町の歴史をその内容としており、当時小倉に在住していた鴎外ならではの「竪町安国寺現存」などの情報が、頭注として付されている。(目)

区分
和書