泉州堺烈擧始末(センシュウ サカイ レッキョ シマツ) / 佐々木甲象著.

画像のダウンロードファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。ダウンロードがうまく実行されない場合には、こちらのダウンローダをご利用ください(但しWindowsのみに対応)。   
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
書名よみ
センシュウ サカイ レッキョ シマツ

書誌情報
高知 : 箕浦清四郎 : 山崎惣次 : 土居盛義, 1893.11 2, 4, 2, 2, 116p ; 23cm

請求記号
鴎G29:142

画像
書入頁

内容記述
『堺事件』の資料。「堺列挙始末」と表題が書かれ、鴎外文庫蔵の幸田成友『大塩平八郎』(鴎H20:334)と同様に赤や青の鉛筆で多くの傍線が引かれているほか、文字、図表などもインクで書入れられており、本書を見ながら『堺事件』の執筆が進められたことが推測できる。『堺事件』については、鴎外がその歴史事実の確認にあたって本書のみを使用し、他の資料と十分に比較検討などを行わなかったことが指摘されている。とくに、大岡昇平は、この作品を、歴史の「切盛と捏造」であると批判し、鴎外の「歴史其儘」の態度について再検討がなされるきっかけを作った。 (小)
関連作品: 『堺事件』(全集15巻) http://www.aozora.gr.jp/cards/000129/card2547.html
参考文献: 稲垣達郎「鴎外と「歴史其儘」—『堺事件』について—」(『日本古典新攷 五十嵐力博士記念論集』東京堂,1944年)
参考文献: 大岡昇平「森鴎外における切盛と捏造−『堺事件』をめぐって−」(『世界』355号,1975年6月)
参考文献: 藤田覚「解題」(『鴎外歴史文学集』第2巻,岩波書店,2000年)

区分
和書