都甲文書(トコウ モンジョ) . [写本]

画像のダウンロード(ファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。)     
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
書名よみ
トコウ モンジョ

書誌情報
([製作地不明] : [製作者不明], [1---]) 1冊 ; 24cm 内容: 先祖附 / 都甲源蔵[著] 注記: 書名は題簽による ; 写本 ; 和装. 袋綴じ

請求記号
鴎G27:213

画像
全頁

内容記述
『都甲太兵衛』の基礎資料。内容は二部にわかれ、前半の「先祖附」は、都甲家の初代から十代までの事蹟を、十代目である源蔵が熊本藩に提出したものの控え。後半は、さまざまな記録類から抜萃された、初代太兵衛に関する逸話の抄録である。「先祖附」は明らかに鴎外の筆ではないが、後半は鴎外自筆の可能性も残る。鴎外は『都甲太兵衛』を執筆するにあたり、本書と、宮本武蔵遺蹟顕彰会『宮本武蔵』(金港堂,明治42年(1909),鴎H20:520)を参照したことがわかっている。(出)
関連作品: 『都甲太兵衛』(全集18巻)
参考文献: 山崎一穎「『都甲太兵衛』論」(『跡見学園女子大学紀要』10号,1977年3月)
参考文献: 須田喜代次・小泉浩一郎「解題」(『鴎外歴史文学集』第4巻,岩波書店,2001年)
翻刻: 『鴎外歴史文学集』第4巻,岩波書店,2001年(部分)

区分
和書