Abriss der Logik / von Karl August Julius Hoffmann.

画像のダウンロードファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。ダウンロードがうまく実行されない場合には、こちらのダウンローダをご利用ください(但しWindowsのみに対応)。   
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
書名よみ
Abriss der Logik / von Karl August Julius Hoffmann.

書誌情報
Halle : Grosse, 1888. x, 70 p. ; 22 cm.

請求記号
鴎B400:145

画像
書入頁

内容記述
カール・アウグスト・ユリウス・ホフマン『論理学概論』。 ボレリウス(J.J.Borelius)、フラハ(J.L.M.Flach)、ペッツル(J.v.Pözl)の著述と共に1冊に綴じられており、遊紙に鴎外自身が「目次」を墨書している。それぞれに「理法」(ホフマン)、「独仏新哲学」(ボレリウス)、「独逸未来記」(フラハ)、「拝焉集会條例」(ペッツル)の邦訳題が付されている。本書は、ギムナジウム向けの論理学・哲学の教科書であり、筆者ホフマンはギムナジウムの校長でもあった。(河・山)

区分
洋書