La Fornarina, da Raffaello (inc. Domenico Cunego).


画像のダウンロード(ファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。)     
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
Title
La Fornarina, da Raffaello (inc. Domenico Cunego).

作品タイトル [Title ]
ラッファエッロによる『フォルナリーナ』(ドメニコ・クネーゴ版刻)

Author
Domenico Cunego

作者名 [Author]
ドメニコ・クネーゴ

Series Title
SCHOLA ITALICA PICTURAE

シリーズタイトル [Series Title]
イタリア画家集

Part Number/シリーズ内番号
9

Inscription 1
Rafaelis Amasia, vulgo La FornarinaExstat Romae in Aedibus Barberinis

版画銘文・版刻文1 [Inscription 1]
ラファエロの愛人、ラ・フォルナリーナ1ローマのバルベリーニ宮2に現存

版画銘文・版刻文1の訳注
1. 本版画の原画はラファエロの油彩「ラ・フォルナリーナ」であり,この原画はバルベリーニ宮殿の国立古典美術館が現在も所有する。2. 1625年にカルロ・マデルノが着工し,都市における貴族の邸宅の形態を広々とした緑の空間をもつ別邸の形態に融合させた。ジャン・ロレンツォ・ベルニーニが後を引き継ぎ,1633年に完成させた。フランチェスコ・ボッロミーニは,ファサード右側の螺旋階段を設計した。現在国立古典美術館である。3. Gunego Domenico (1724/5Verona-1803Roma):イタリア人版画家。油彩画を数点制作したが,版画に転向する。1764年から1778年にかけて,ギャヴィン・ハミルトンの絵画を多数版画にしている。1769年,クネーゴは,ロンドンで出版された『英国の主要な絵画作品の版画集』の図版数点,および,ギャヴィン・ハミルトンによる「イタリア画家集」のための図版22枚の注文を受ける(つまり,本22巻である)。同時期に,クネーゴは,ジョルジョーネ,ティツィアーノ,グイド・レーニ,ドメニキーノ,グエルチーノといった巨匠たちの作品やミケランジェロ《最終審判》(ローマ,システィーナ礼拝堂)などを版画化した。彼は《クレメンス13世(ピラネージ原画》(本第7巻2葉である)など肖像画も制作している。これらの仕事によりクネーゴはローマで名声を得ることとなり,新古典主義グループの中でもその地位を確立した。また,クネーゴはアントン・ラファエル・メングスの贔屓の版画家でもあった。ジャン・カルロ・コロンボ,カミッロ・ティンティ(1738-96)らがクネーゴに師事した。

Signature
Raphael Urbinas pinxitDom. Cunego sculpsit Romae 1772.

銘記・署名 [Signature]
ウルビーノのラファエッロが描いたローマでドメニコ・クネーゴ3が1772年に版刻した。

Volume/巻番号
22

Plate/葉番号
9

Kamei Collection Number/亀井文庫番号
980

Firmin-Didot Number/Firmin-Didotレゾネ番号
980

Negative Film Number/ネガ記載番号
22009

Image Number/画像シリアル番号
1196

Image Size/画像実寸
233X167

Plate Size/プレート実寸
279X188

Calcografia volume number/Calcografia巻番号
VENTIDUESIMO

Calcografia Number/Calcografiaレゾネ番号
980

Calco_tav_no
tav. 9