Motivi di decorazione architettonica.


画像のダウンロード(ファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。)     
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
Title
Motivi di decorazione architettonica.

作品タイトル [Title ]
建築の装飾モティーフ

Author
Giovanni Battista Piranesi

作者名 [Author]
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージ

Series Title
DELLA MAGNIFICENZA ED ARCHITETTURA DE' ROMANI*

シリーズタイトル [Series Title]
ローマの壮麗と建築*

Part Number/シリーズ内番号
Tav.VIII

Inscription 1
POVR NE PAS FAIRE DE CET ART SVBLIMEVN VIL METIER OV L'ON NE FEROIT QVE COPIER SANS CHOIXLE ROY

版画銘文・版刻文1 [Inscription 1]
この崇高な芸術を卑しい手仕事にしない為に、でなければ人は選択無しに模倣するしかないであろう。ル・ロワ1

版画銘文・版刻文1の訳注
『ギリシア最美の建築遺跡』Les Ruines des plus beax monuments de la Gr縦eを出版したジュリアン=ダヴィッド・ル・ロワJulien-David Le Roy(1724年-1803年)のことである。彼はフランスの建築家で,著述家でもある。1750年にローマ賞を受賞し,ローマに1751年-1754年に滞在した後,1754年にアテネ行きを許可された。デロス島を訪ねた後に,アテネでスケッチや測量を数ヶ月し,コリントやスパラトも訪ねた。同時期にイギリスの2人の建築家ジェームズ・スチュワートとニコラス・レヴェットがギリシャで調査を行っていたが,彼等の同主題の学術書よりも早く, 1758年に『ギリシア最美の建築遺跡』を出版した。その著作は,多くの建築家たちに影響を与えた。

Signature
Cavaliere Piranesi inv. ed inc.

銘記・署名 [Signature]
騎士ピラネージ,原画と版刻

Volume/巻番号
7

Plate/葉番号
45

Kamei Collection Number/亀井文庫番号
329

Firmin-Didot Number/Firmin-Didotレゾネ番号
329

Negative Film Number/ネガ記載番号
7056

Image Number/画像シリアル番号
376

Plate Size/プレート実寸
535X387

図版に関する補足
Osservazioni di Gio.Battista Piranesi sopra la ヌLettere de M.Mariette aux auteurs de la Gazette Litt屍aire de lユEuropeネ. マリエット氏の書簡に関するジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージの省察

Calcografia volume number/Calcografia巻番号
SETTIMO

Calcografia Number/Calcografiaレゾネ番号
329

H.Focillon Number/H.Focillonレゾネ番号
981

H.Focillon's description
981. VIII. Un ordre ionique portant un entablement colossal. Au milieu, inscription : Pour ne pas faire de cet art sublime un vil métier ou l'on ne ferait que copier sans choix. -- Sig. en bas à gauche. -- H. 0.39. L. 0.54.

H.Focillon記述 [H.Focillon's description]
981。図版8。巨大なエンタブラチュアを支えるイオニア式オーダー。中央に以下の碑文がある「この崇高な芸術を選択なき模倣しかなされえない卑しき仕事にしないために」。−左下に署名。−高さ0.39,長さ0.54。

J.W.Ely Number/J.W.Elyレゾネ番号
811

J.W.Ely's Title
Additional plate to parere.

J.W.Ely's description
Part of an imaginary architectural composition with Ionic Order and inscruption from Le Roy:" Pour ne pas faire de cet art subline un vil métier où l'on ne feroit que copier sans choix." ("So as not to make this subline art into a vile profession where one would only copy without choosing.")Signature, lower left.

Taschen Number/Taschenレゾネ番号
625

The Museum of Modern Art, Kamakura & Hayama Catalog Number
121

subject
imaginary architectural compositions

Calco_tav_no
tav. 8

comment
1. 『ギリシア最美の建築遺跡』Les Ruines des plus beax monuments de la Gr縦eを出版したジュリアン=ダヴィッド・ル・ロワJulien-David Le Roy(1724年-1803年)のことである。彼はフランスの建築家で,著述家でもある。1750年にローマ賞を受賞し,ローマに1751年-1754年に滞在した後,1754年にアテネ行きを許可された。デロス島を訪ねた後に,アテネでスケッチや測量を数ヶ月し,コリントやスパラトも訪ねた。同時期にイギリスの2人の建築家ジェームズ・スチュワートとニコラス・レヴェットがギリシャで調査を行っていたが,彼等の同主題の学術書よりも早く, 1758年に『ギリシア最美の建築遺跡』を出版した。その著作は,多くの建築家たちに影響を与えた。