Pianta, elevazione e particolari di Templj dorici della Grecia (dal Le Roy).


画像のダウンロード(ファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。)     
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
Title
Pianta, elevazione e particolari di Templj dorici della Grecia (dal Le Roy).

作品タイトル [Title ]
ギリシアのドリス式神殿の平面図,立面図およびその細部(ダヴィッド・ル・ロワに基づく)

Author
Francesco Piranesi

作者名 [Author]
フランチェスコ・ピラネージ

Series Title
DELLA MAGNIFICENZA ED ARCHITETTURA DE' ROMANI

シリーズタイトル [Series Title]
ローマの壮麗と建築

Part Number/シリーズ内番号
Tab.XXXIV.

Inscription 1
LES RVINES DES PLVS BEAVX MONVMENTS DE LA GRECEFig. I. et II. A Frons æ dis Erecthei. B Posticum. C Vestigia alterius æ dis eidem adjunctæ . D Porticus Caryatidibus suffulta. E Anta columnis latior, et bifariam divisa. F Anta partim exporrectior, partim retractior. G Antæ hinc latiores inde strictiores. Fig. III. et IV.A B Hiatus, sive spatium inter summum columnæ hypotrachelium et capituli pulvinar intercedens, ac si pulvinaria capitulorum, vi veluti quadam ingenita, epistylia sustinere videantur. Fig. VII. AB Regio opistylii BC Regio tignorum contignationis. D Regio contabulationis. E Regio cantheriorum et mutulorum. F Regio templorum. G Regio asserum et dentiouloum. H Denticuli regionem tignorum perperam occupantes, et infra regionem mutulorum positi. Fig. VIII. Tigilla, nec tignis figuræ VII lit. BC, nec denticulis ejusd. figuræ lit. H respondentia.

版画銘文・版刻文1 [Inscription 1]
ギリシャ最美の建築遺跡図Iおよび図II. A エレクテウス1神殿の正面。B ポスティクム[背面]。C 同神殿に隣接した別の神殿の平面図。D 女人柱像に支えられたポルティクス[列柱廊]。E 円柱よりも幅広で,しかも2つの部分に分かれているアンタ[壁端柱形]。F 部分的に突出し,部分的に引っ込んでいるアンタ。G 一方はより幅広の,もう一方は幅のより狭い,一対のアンタ。図IIIと図IV. AB ヒアトゥス[空隙],あるいは円柱の頚部最上部と,柱頭の枕部との間に生じる隙間。あたかも柱頭の枕部が,まるでそれ自身が持っているなんらかの力によって,エピステュリウム[頂上帯]を支えているかのように見えるようになっている。図VII. AB エピステュリウム部分。BC 木組みの梁の部分。D 板張り天井の部分。E 垂木とムトゥルス〔梁の突き出し/出っ張り〕の部分。F 野地受け部分。G 野地と歯飾りの部分。H 奇妙なことに,梁部分に,そしてムトゥルスの下に,位置を占めている歯飾り。図VIII 小梁,図VII BCの梁にも対応せず,同図Hの歯飾りにも対応しない。

版画銘文・版刻文1の訳注
エレクテウスとは,アテネのアクロポリスにおいて,崇拝された神像で,ポセイドンと同一視されるが,しばしばアテネの初期の王とも見なされる。エレクテウスは,大地から生まれ,アテナ女神に養育され,彼女の聖域に暮らしたとされ,牡牛と小羊を犠牲として崇拝された。

Inscription 2
Fig. I. Ichnographia aedis Erecthei ex Le- Royo part. 2. Tab. XVI. fig. I.Fig. II. Orthographia ejusdem aedis, ex Le- Royo part. 2. Tab. XVII.Fig. III.Forma capituli Jonici ejusdem aedis, ex Le- Royo part. 2. Tab. XX. fig. I.Fig. IV.Forma capituli Jonici æ dis Cereris Elensinæ , ex Le-Royo part. 2. Tab. XX. fig. I.Fig. V.Forma Capituli Jonici æ dis Fortunæ Virilis UrbisFig. VI.Capitulum antarum æ dis Erecthei, seu corona parietibus ejusdem æ dis circumdata.Fig. VII.Materiatura fabrilis tecto porticus Caryatidum comparata; qua deprehenditur ornamenta tecti hujus, leviorib, lineis adumbrata, locus et ordines proprius non tueri.Fig. VIII.Contignatio, seu Lacunaria porticus Caryatid.

版画銘文・版刻文2 [Inscription 2]
図I.エレクテウス神殿の平面図。ル・ロワ1第2部の図版,図版XVI,図Iより。図II.同神殿の立面図。ル・ロワ第2部の図版XVIIより。図III.同神殿のイオニア式柱頭の形状。ル・ロワ第2部の図版XX,図Iより。図IV.エレウシスのデメテル神殿2のイオニア式柱頭の形状。ル・ロワ第2部の図版XX,図Iより。図V.ローマのフォルトゥナ・ウィリリス神殿〔実際はポルトゥヌス神殿〕のイオニア式柱頭の形状。図VI.エレクテウスのアンタの柱頭,あるいは同神殿の壁に配置されたコロナ[頂冠帯]。図VII.木構造,女人柱像のポルティクスの屋根と比較したもの。この図から,細い輪郭線で描かれたこの屋根の装飾が,正しい位置と順序を守っていないことが見て取れる。図VIII.木組み,あるいは女人柱像のポルティクスの格間。

版画銘文・版刻文2の訳注
『ギリシア最美の建築遺跡』Les Ruines des plus beaux monuments de la Gr縦eを出版したジュリアン=ダヴィッド・ル・ロワJulien-David Le Roy(1724年-1803年)のことである。彼はフランスの建築家で,著述家でもある。1750年にローマ賞を受賞し,ローマに1751年-1754年に滞在した後,1754年にアテネ行きを許可された。デロス島を訪ねた後に,アテネでスケッチや測量を数ヶ月し,コリントやスパラトも訪ねた。同時期にイギリスの2人の建築家ジェームズ・スチュワートとニコラス・レヴェットがギリシャで調査を行っていたが,彼等の同主題の学術書よりも早く, 1758年に『ギリシア最美の建築遺跡』を出版した。その著作は,多くの建築家たちに影響を与えた。アテネ西方の都市,エレウシスは古代にはデメテル信仰の中心地であった。デメテルは,ローマ神話においてはケレスと呼ばれる豊穣の女神のことである。

Signature
Piranesi F.

銘記・署名 [Signature]
ピラネージ作

Volume/巻番号
7

Plate/葉番号
33

Kamei Collection Number/亀井文庫番号
317.b

Firmin-Didot Number/Firmin-Didotレゾネ番号
317.b

Negative Film Number/ネガ記載番号
7043

Image Number/画像シリアル番号
363

Image Size/画像実寸
324X263

Plate Size/プレート実寸
360X269

図版に関する補足
フランチェスコ作?

Calcografia volume number/Calcografia巻番号
SETTIMO

Calcografia Number/Calcografiaレゾネ番号
317.b

H.Focillon Number/H.Focillonレゾネ番号
962

H.Focillon's description
962. XXXIV. Id. -- Sig. en bas à gauche. -- H. 0.37. L. 0.265. - Fil. id.

H.Focillon記述 [H.Focillon's description]
962。図版34。同一図版〔ルロワに基づくギリシャの様々なドリス式神殿の平面図,立面図および細部〕。−左下に署名。−高さ0.37,長さ0.265。−二重の枠線。

J.W.Ely Number/J.W.Elyレゾネ番号
794

J.W.Ely's Title
Plan, elevations and details of the Erechtheion, Athens, after Le Roy.

J.W.Ely's description
Signature, lower left.

Taschen Number/Taschenレゾネ番号
471

comment
すみません,未訳です。以下、小池

subject
details of construction

Calco_tav_no
tav. 34

subcategoria
plans, elevations, sections, extraction diagrams, capitals