Spaccato della Piramide di Cajo Cestio.


画像のダウンロード(ファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。)     
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
Title
Spaccato della Piramide di Cajo Cestio.

作品タイトル [Title ]
ガイウス・ケスティウスのピラミッド型の墓の断面図

Author
Giovanni Battista Piranesi

作者名 [Author]
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージ

Opera
LE ANTICHITÀ ROMANE

複数シリーズ構成の作品集名 [Opera]
古代ローマの遺跡

Series Title
GLI AVANZI DEI MONUMENTI SEPOLCRALI DI ROMA E DELL'AGRO ROMANO

シリーズタイトル [Series Title]
ローマおよびその近郊における墓所の遺跡

Part Number/シリーズ内番号
XLIV

Inscription 1
Spaccato della Piramide di Cajo Cestio.A Masso, co(m)posto a corsi di scaglie di selce, calce, e pozzolana, tramezzati da altrettanti bassi lastricati di minute scaglie di marmo; e per maggior sodezza del gran Masso le scaglie tanto delli corsi, che de' lastricati si veggono avvertentem.te poste in opera con ordine, ed in piano, siccome si osserva essere stato praticato in tutte le buone fabbriche ancora. B Grossi pezzi di marmo, che coprono il Masso. C Bassamento di travertino di due corsi oggi sotto il terreno. D Ingresso moderno, che penetra nella Stanza. E Stanza quadrata a Volta con iscompartim.ti figure, e vasi dipinti. F Nicchia, nella quale era situato il Vaso colle ceneri. G Buco nel mezzo della Volta, il quale da taluni credesi fatto da chi sperò trovare in quel sito qualche ricco ripostiglio. Ma è più verisimile, che sia parte del foro, per cui furono riposte le Ceneri del defonto nella Stanza; poiche non si scopre in altra parte vestigio alcuno d'ingresso antico. Quello, che si vede nella facciata a Tramontana è semiantico, e fu turato dopo il moderno, che si è fatto al tempo del ristauro in guisa, che nulla si conosce nella Stanza ove sboccasse. H Una delle due Colonne erette dalla parte di Ponente, il cui Capitello non essendo spianato nella parte di sopra, come vedrassi più in grande nelle tavole seguenti, può credersi, che le dette Colonne non reggessero cosa alcuna, ma che servissero di semplice ornamento alla Piramide. I La Stanza sudd.ta in forma più grande co' suoi scompartim.ti dipinti, vasi, e figure, allusive, per quanto si può congetturare dai loro portam.ti, alla dignità sacra di C. Cestio, uno de' settenviri degli Epuloni, l'offizio de' quali era l'apparecchiare l'Epulo, o sia Convito agli Dei, e particolarm.te a Giove, in occasione de' prosperi segnalati successi della Repubblica, oppure per deviare qualche grave imminente calamità; siccome riferiscono molti scrittori antichi, e moderni. Le figure, e li vasi sonosi trasportati nelle tavole seguenti della loro medesima grandezza. K Piano antico verso Levante coperto dal terreno. L Piano moderno collo scavo fatto da Papa Alessandro VII, per cui si discende all'Ingresso D. M Mura di Roma.

版画銘文・版刻文1 [Inscription 1]
ガイウス・ケスティウスのピラミッドの断面図A 、燧石(すいせき)の破片,石灰およびポゾラン〔多孔質の凝灰岩〕の層が,大理石の細かい破片で出来たやはり薄い敷石の間に挟まれて重なった石積み。この巨大な石積みの堅固さを増すために、これらの層の破片も、敷石の破片と同じように、注意深く整然と水平に置かれたが、そのような方法はすべての質の高い建築において採用されていたのを今でも見ることができる。B 石積みを覆う大きな大理石片。C 2層に置かれたトラヴァーチンでできた基部。現在では地中に埋もれている。D 現在の入口。室内まで通じている。E ヴォールト天井をもつ方形の部屋。壁面のパネルには,人物像や壷が描かれている。F 遺灰を納めた壷の置かれていた壁龕。G ヴォールト中央の穴。この穴は、この場所になんらかの宝物品の隠し場所を見つけられるのではないかと望んだ人によってあけられたと考える人々もいる。しかしより蓋然性が高いのは、部屋のなかに埋葬者の遺灰を安置するためにつくられた開口部だという考えである。というのは,別の場所には古代の入口の痕跡をなにも見つけることができないからである。北側正面に見られるものは後世のもので,現在の入口ができたあとに塞がれた。現在の入口は、修復の際に造られたもので、埋葬室のどこに開口部があったのかは一切知られていない。H 2本の円柱のうちのひとつで、西側に建てられていたもの。続く図版でより拡大して見られるように、この円柱の柱頭部分は上部が平らにされていないことから、これらの円柱は何かを支えるためのものではなく、ピラミッドの単なる飾りであったと見なされる。I 前述の部屋を拡大したもの。壷や人物像の描かれた壁画パネルを伴う。人物像は,そのポーズから推測する限り、ガイウス・ケスティウスの尊厳を示すものであると思われる。多くの古代、現代の著述家が言及するように、彼はエプロー1の7人官の1人であった。エプローの職務は、共和国の幸運なる見事な成功の際や、差し迫った災いを避けるために,エプルム、すなわち神々、特にユッピテルへ捧げられた饗宴を用意することであった。人物像,壷などは続く図版に描き、原寸大で示した。K 土で覆われた東側の古代の地面。L 教皇アレクサンデル7世〔在1655年-1667年〕によってなされたによって掘り下げられた現在の地面。ここを通じて入口Dに降りられる。M ローマの市壁。

版画銘文・版刻文1の訳注
ユッビテルを称える犠牲式の後に催される饗宴を司る祭司団員のこと。

Signature
Piranesi Archit. dis. ed inc.

銘記・署名 [Signature]
建築家ピラネージ,図案と版刻

Volume/巻番号
3

Plate/葉番号
45

Kamei Collection Number/亀井文庫番号
157

Firmin-Didot Number/Firmin-Didotレゾネ番号
157

Negative Film Number/ネガ記載番号
3045

Image Number/画像シリアル番号
187

Image Size/画像実寸
325X233

Plate Size/プレート実寸
327X235

図版に関する補足
Wilton-Elyの図版と亀井文庫の図版は注釈の部分のある位置が上下逆。Tom.III

Calcografia volume number/Calcografia巻番号
TERZO

Calcografia Number/Calcografiaレゾネ番号
157

H.Focillon Number/H.Focillonレゾネ番号
326

H.Focillon's description
326. XLIV. Spaccato della piramide di Cajo Cestio... -- Titre dans la partie inférieure de la gravure. Au-dessous, pl. de notes. -- Sig. en bas à dr., pl de notes. -- H. 0.32. L. 0.23, pl. et titre. -- Double fil. d'encad. aut. de la gr. et du titre.

H.Focillon記述 [H.Focillon's description]
326。図版44。ガイウス・ケスティウスのピラミッドの断面図...。−版画の下部にタイトル。その下に注釈の図版。−注釈の図版,左下に署名。−高さ0.32,長さ0.23,図版とタイトル〔を含む〕。−版画とタイトルの周囲に二重の枠線。

H.Focillonによる記述_備考
1. 図版では注釈の図版の位置が上下逆になっている。

J.W.Ely Number/J.W.Elyレゾネ番号
459

J.W.Ely's Title
Vertical section of the Pyramid of Gaius Cestius.

J.W.Ely's description
Signature,lower right,on plate with notes.

Taschen Number/Taschenレゾネ番号
316

Machida City Museum of Graphic Arts Catalog Number
85

subject
sito

Calco_tav_no
tav. 44

subcategoria
plans, elevations, sections