Facciata di Tempio Toscano (da Vitruvio, secondo il Le Roy e il Perrault).


画像のダウンロード(ファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。)     
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
Title
Facciata di Tempio Toscano (da Vitruvio, secondo il Le Roy e il Perrault).

作品タイトル [Title ]
トスカナ式神殿の正面(ウィトルウィウスに基づく。ダヴィッド・ル・ロワとクロード・ぺローによる復元)

Author
Giovanni Battista Piranesi

作者名 [Author]
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージ

Series Title
DELLA MAGNIFICENZA ED ARCHITETTURA DE' ROMANI

シリーズタイトル [Series Title]
ローマの壮麗と建築

Inscription 1
Fig. III.Aedes Tuscanica Le-Royi.Aedes Tuscanica Peraultij

版画銘文・版刻文1 [Inscription 1]
図IIIル・ロワ1によるトスカナ式神殿 ペローによるトスカナ式神殿

版画銘文・版刻文1の訳注
『ギリシア最美の建築遺跡』Les Ruines des plus beaux monuments de la Gr縦eを出版したジュリアン=ダヴィッド・ル・ロワJulien-David Le Roy(1724年-1803年)のことである。彼はフランスの建築家で,著述家でもある。1750年にローマ賞を受賞し,ローマに1751年-1754年に滞在した後,1754年にアテネ行きを許可された。デロス島を訪ねた後に,アテネでスケッチや測量を数ヶ月し,コリントやスパラトも訪ねた。同時期にイギリスの2人の建築家ジェームズ・スチュワートとニコラス・レヴェットがギリシャで調査を行っていたが,彼等の同主題の学術書よりも早く, 1758年に『ギリシア最美の建築遺跡』を出版した。その著作は,多くの建築家たちに影響を与えた。

Volume/巻番号
7

Plate/葉番号
29

Kamei Collection Number/亀井文庫番号
313.c

Firmin-Didot Number/Firmin-Didotレゾネ番号
313.c

Negative Film Number/ネガ記載番号
7035

Image Number/画像シリアル番号
357

Image Size/画像実寸
290X141

Plate Size/プレート実寸
293X154

図版に関する補足
29葉の3枚1セット。

Calcografia volume number/Calcografia巻番号
SETTIMO

Calcografia Number/Calcografiaレゾネ番号
313.c

H.Focillon Number/H.Focillonレゾネ番号
958

H.Focillon's description
958. XXIX. Plan et élévations, d'après Le Roy et Perrault, 3 pl. sur la même feuille. -- S. sig. -- H. totale 0.405. L. totale 0.29. -- Fil. d'encad. autour de chaque pl.

H.Focillon記述 [H.Focillon's description]
958。図版29。ルロワとぺローに基づく平面図および立面図,同一紙面に3つの図版。−署名なし。−全体の高さ0.405,全体の長さ0.29。−各図版の周囲に枠線あり。

J.W.Ely Number/J.W.Elyレゾネ番号
789

J.W.Ely's Title
Plans and elevation of the Tuscan Temple after Le Roy and Perrault.

J.W.Ely's description
Unsigned.

Taschen Number/Taschenレゾネ番号
466

subject
details of construction

subcategoria
reconstruction, plans, elevations, sections