Pianta del Sepolcro della Famiglia Plauzia sulla Via Tiburtina vicino a Ponte Lugano.


画像のダウンロード(ファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。)     
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
Title
Pianta del Sepolcro della Famiglia Plauzia sulla Via Tiburtina vicino a Ponte Lugano.

作品タイトル [Title ]
ティブル街道沿いのルカヌス橋[ルカーノ橋]付近にあるプラウティウス家の墓の平面図,立面図および断面図

Author
Giovanni Battista Piranesi

作者名 [Author]
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージ

Opera
LE ANTICHITÀ ROMANE

複数シリーズ構成の作品集名 [Opera]
古代ローマの遺跡

Series Title
GLI AVANZI DEI MONUMENTI SEPOLCRALI DI ROMA E DELL'AGRO ROMANO

シリーズタイトル [Series Title]
ローマおよびその近郊における墓所の遺跡

Part Number/シリーズ内番号
XIII

Inscription 1
A Pianta del Sepolcro della Famiglia Plauzia sulla Via Tiburtina vicino a Ponte Lugano. B Gran Bassamento quadrato. C Masso speronato, composto di scaglie di Selce e Calce. D Circonferenza del Sepolcro, costruita a corsi di Travertini. E Quattro Pilastri fabbricati ne' tempi bassi, forse quando il Sepolcro fu ridotto in Fortezza. F Parte del dinanzi rimasta in piede, nella quale si veggono affisse due Iscrizioni, mancando l'altre, e queste sono collocate tra Pilastri, e Colonne di mezzo rilievo. G Elevazione, e Facciata verso la Strada. H Iscrizione spezzata per avventura allor quando fu demolita la parte super.re del Sepolcro. I Avanzi di Pilastri e Colonna di mezzo rilievo, e d'Iscrizioni. (Viene riportata dal Grutero un'altra Iscrizione di questo Sepolcro, situata forse ne' secoli passati in uno delli due vani K) Si può credere, che secondo quello ci dimostra il Bassamento, quest'Avanzo sia parte d'un Soprornato, il quale cingeva il Masso di mezzo, dispostevi all'intorno le Iscrizioni ne' detti ripartimenti di Pilastri e Colonne. Quanto è diverso l'aspetto presente di questo, e d'altri consimili Monum.ti dal loro primiero essere! Chi potrebbe supporre, che questo Masso rotondo, che sembra per altro abbastanza compito nell'esterna superfice, avesse un altro se'nobile Recinto, qualora non fosse restato questo piccol'Avanzo? Non potrebbe aver avuto un simile Ornam.to il Mausoleo di Cecilia Metella, et essere stato Sepolcro ancora della Famig.a Metella? L Base rimasta del Bassam.to tutta di Travertini. M Piano della Campagna. N Spaccato con li Pilastri semiantichi, e rovine. O Piano della Campagna più alto per le rovine. P Modinature del Bassam.to imfer.e, e super,e e delle Basi. Q Modinat.ra delle Imposte. R Modinatura dell'Ornam.to intorno alle Iscrizioni.

版画銘文・版刻文1 [Inscription 1]
A ティブル街道沿いのルカヌス橋[ルカーノ橋]付近にあるプラウティウス家の墓の平面図。B 大きな方形の基部。C燧石(すいせき)の破片と石灰でつくられた控え壁で補強された岩盤。D トラヴァ−チンの石積みによる壁体を持つ墓の外周部。E 後代に建てられた4つの角柱。おそらくは墓が要塞に利用されたときのものである。F 建倒壊せずに残っている正面の一部。そこには2つの碑銘が固定されているが、その他の碑銘は失われている。これらは半円柱が付された角柱の間に配置されている。G 通りに面した立面図とファサード。H 墓の上部が壊された時にたまたま破壊された碑銘。I 半円柱を接合された角柱と碑銘の遺構。(グルテルス1により言及されているこの墓のもう1つの銘文は,おそらく数世紀前には2つの隙間Kのうちの1つに位置していただろう。)ここに示された基部によれば、この遺構は、中央の岩塊を囲む外部装飾部分であると考えられる。その周囲には,前述の半円柱を伴う角柱によって区分されている分割面に嵌め込まれた碑銘が配置されている。このモニュメントや他の類似するモニュメントの現在の様子は,なんとそれらの当初の姿と異なることであろう!この小さな遺構が残されていなかったとしたら,外壁についてはかなり十全にも思われる、この円形の岩塊が,実はもう一重見事な囲いを持っていたと誰が想定できようか?カエキリア・メテッラの墓廟が類似した装飾を持ち、そして墓がメテッラ家のものであった可能性は無いのだろうか?L 全てトラヴァーチンでできた基台が残存する基部。M 畑の地面。N それほど古くない角柱を伴う遺構の断面。O 遺構に対して少し高くなった畑の地面。P 基台の上側と下側、および基部のモールディング。Q せりもとのモールディング。R 碑銘の周りの装飾部のモールディング。

版画銘文・版刻文1の訳注
1. グルテルスとは,Janus Gruterus ヤヌス・グルテルスのことで,(1560年アントウェルペン−1627年ハイデルベルク)1627年にinscriptiones antiquaeをまとめた。

Signature
Piranesi Archit. dis. et inc.

銘記・署名 [Signature]
建築家ピラネージ,図案と版刻

Volume/巻番号
3

Plate/葉番号
13

Kamei Collection Number/亀井文庫番号
125

Firmin-Didot Number/Firmin-Didotレゾネ番号
125

Negative Film Number/ネガ記載番号
3013

Image Number/画像シリアル番号
155

Image Size/画像実寸
366X518

Plate Size/プレート実寸
395X521

図版に関する補足
Tom.III

Calcografia volume number/Calcografia巻番号
TERZO

Calcografia Number/Calcografiaレゾネ番号
125

H.Focillon Number/H.Focillonレゾネ番号
298

H.Focillon's description
298. XIII. Pianta del sepolcro della Famiglia Plauzia... -- Sig. en bas à dr. -- H. 0.365. L. 0.52. -- Doub. fil. d'encad.

H.Focillon記述 [H.Focillon's description]
298。図版13。プラウティウス家の墓の平面図...。−右下に署名。−高さ0.365,長さ0.52。−二重の枠線。

J.W.Ely Number/J.W.Elyレゾネ番号
433

J.W.Ely's Title
A. Plan of the Tomb of the Plautii on the Via Tiburtina near Ponte Lugano...

J.W.Ely's description
Signature, lower right.

Taschen Number/Taschenレゾネ番号
290

keyword/和文索引語
ティブルティナ街道

subject
sito

Calco_tav_no
tav. 13