Pianta, elevazione e particolari di Templj dorici della Grecia (dal Le Roy).


画像のダウンロード(ファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。)     
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
Title
Pianta, elevazione e particolari di Templj dorici della Grecia (dal Le Roy).

作品タイトル [Title ]
ギリシアのドリス式神殿の平面図,立面図およびその細部(ダヴィッド・ル・ロワに基づく)

Author
Francesco Piranesi

作者名 [Author]
フランチェスコ・ピラネージ

Series Title
DELLA MAGNIFICENZA ED ARCHITETTURA DE' ROMANI

シリーズタイトル [Series Title]
ローマの壮麗と建築

Part Number/シリーズ内番号
Tab.XXXII

Inscription 1
LE RVINES DES PLVS BEAVX MONVMENTS DE LA GRECEFig. I. Ichnographia æ dis Minervæ Athenis: ex Le-Royo p. 2. Tab. VII. fig. I.A Ordines columnarum, quarum nulla columnis peristyli respondet.B Antae frontibus inaequales.Fig. II. Orthographia frontis ejusdem æ dis, ex Le-Royo part. 2. Tab. VII. fig.II.A Græ ci ut æ des picnostylus cum intercolumniis æ qualibus faciant, valvarum adspectus obstruunt. B Coæ qualia tamen intercolumnia non servant C ut triglyphos in angulis constituant.Fig. III. Sectio pronai ejusd[em] aedisA Ordo interior columnarum in anteriorem non collineans, et elatiori insidens solo, ut in fig. I. lit, A. B Epistylium Doricum tenuitate a Vitruviano parum differens.Fig. IV. Sciographia ejusd[em] pronai.Fig. V.Sciographia peristyli ejusdem aedis, ex qua deprehenditur epistylium perperam exporrectum ultra perpendiculum columnarum: ex Le- Royo part. 2. Tab. IX.A Epistylium quod notatur fig. III. lit. B.

版画銘文・版刻文1 [Inscription 1]
ギリシャ最美の建築遺跡図I. アテナイのミネルウァ神殿〔パルテノン神殿〕の平面図。ル・ロワ1の第2部の図版VII,図Iより。A 円柱の列。いずれの円柱もペリステュリウム[周柱廊]の円柱には対応しない。B アンタ[壁端柱形]。正面と同列になっていない。図II. 同じ神殿の正面の立面図,ル・ロワ第2部の図版VII,図IIより。A ギリシャ人たちは,等間隔の柱間を持つ密柱式の神殿を造るために,扉が一部隠れて見えなくなる。B しかしながら実は柱間は等間隔2に保たれてはいない,それはすなわちC トリグリュフォス〔トリグリフ。ドリス式建築のフリーズ部分に施される三条竪筋装飾版〕を隅角に配置するためである。図III. 同じ神殿のプロナオス[前室]の断面図A 内側の円柱の列は,前方の列と同一線上には並んでおらず,また,より高い面に据えられている。図IのAで示される部分にあたる。B ドリス式のエピステュリウム[頂上帯]。その薄さの点でウィトルウィウスの示すところと殆ど変わらない。図IV. 同じ神殿のプロナオスの見取り図。図V. 同じ神殿のペリステュリウムの見取り図。この図から,エピステュリウムが誤って円柱の垂直線よりも外まで延びていることがわかる。ル・ロワ第2部の図版IXより。A エピステュリウム。図IIIのBで示されるもの。

版画銘文・版刻文1の訳注
『ギリシア最美の建築遺跡』Les Ruines des plus beaux monuments de la Gr縦eを出版したジュリアン=ダヴィッド・ル・ロワJulien-David Le Roy(1724年-1803年)のことである。彼はフランスの建築家で,著述家でもある。1750年にローマ賞を受賞し,ローマに1751年-1754年に滞在した後,1754年にアテネ行きを許可された。デロス島を訪ねた後に,アテネでスケッチや測量を数ヶ月し,コリントやスパラトも訪ねた。同時期にイギリスの2人の建築家ジェームズ・スチュワートとニコラス・レヴェットがギリシャで調査を行っていたが,彼等の同主題の学術書よりも早く, 1758年に『ギリシア最美の建築遺跡』を出版した。その著作は,多くの建築家たちに影響を与えた。ここで「等間隔に」と訳出したCoaequaliaは,古典期のラテン語としては「同年齢の」を意味する。が,ここでは動詞Coaequoから派生させた「相等等しい」を意味する,独自の用法であると判断した。

Volume/巻番号
7

Plate/葉番号
32

Kamei Collection Number/亀井文庫番号
316.b

Firmin-Didot Number/Firmin-Didotレゾネ番号
316.b

Negative Film Number/ネガ記載番号
7041

Image Number/画像シリアル番号
361

Image Size/画像実寸
380X271

Plate Size/プレート実寸
398X277

Calcografia volume number/Calcografia巻番号
SETTIMO

Calcografia Number/Calcografiaレゾネ番号
316.b

H.Focillon Number/H.Focillonレゾネ番号
960

H.Focillon's description
960. XXXII. Plan , élévation et détails de divers temples doriques de la Grèce, d'après Le Roy. -- S. sig. -- H 0.38. L. 0.275. -- Fil. d'encad. autour du titre, doublé autour de la gr.

H.Focillon記述 [H.Focillon's description]
960。図版32。ルロワに基づくギリシャの様々なドリス式神殿の平面図,立面図および細部。−署名なし。−高さ0.38,長さ0.275。−タイトルの周囲に枠線,版画の周囲に二重の枠線。

J.W.Ely Number/J.W.Elyレゾネ番号
792

J.W.Ely's Title
Plan, elevations and details of various Greek Doric temples after Le Roy.

J.W.Ely's description
Unsigned.

Taschen Number/Taschenレゾネ番号
469

subject
details of construction

Calco_tav_no
tav. 32

subcategoria
plans, elevations, sections, columns, extraction diagrams

comment
[以下、小池]peristylium「列柱廊」(28巻33葉タイトル訳より。あるいは「周柱廊」か:森田訳[ただし別文脈、Vitr. 5.11.2]。peristilioはこのラテン語単語のイタリア語形。)anta「アンタ[壁端柱形]」(準・森田訳。Vitr. 3.2.2)pyncostylus「密柱式」(森田訳。Vitr. 3.3.1。文中picno-の綴りは誤記と判断する。-usの語尾は(1)-osの誤記か、(2)ギリシャ語語尾の-ousの音写、のいずれかであり、いずれにしても複数対格形と判断する。)intercolumnia「柱間」(森田訳)valva「扉」(森田訳。Vitr. 3.3.3)coaequaliaは,古典期のラテン語としては「同年齢の」を意味する。が,ここでは動詞coaequoから派生させた「相等等しい」を意味する,独自の(?ないし近代の[未確認])用法であると判断した。