La creazione della donna, da Michelangelo (inc. Antonio Capellan).


画像のダウンロード(ファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。)     
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
Title
La creazione della donna, da Michelangelo (inc. Antonio Capellan).

作品タイトル [Title ]
ミケランジェロによる『女性の創造』(アントニオ・カペッラン版刻)

Author
Antonio Cappellan

作者名 [Author]
アントニオ・カペッラン

Series Title
SCHOLA ITALICA PICTURAE

シリーズタイトル [Series Title]
イタリア画家集

Part Number/シリーズ内番号
4

Inscription 1
Aedificavit Dominus Deus costam, quam tulerat de Adam in mulierem. Gen. C. II.V.22.Romae in Adibus Vaticanis nella Cappella Sistina

版画銘文・版刻文1 [Inscription 1]
主なる神はアダムから取られたあばら骨で女を造られた。創世記2章22節。ローマ、ヴァティカンの部屋、システィーナ礼拝堂1内。

版画銘文・版刻文1の訳注
1. 本版画の原画は,ヴァティカン,システィーナ礼拝堂天井のフレスコ画「エヴァの創造」である。本22巻の第2葉,3葉,4葉の3枚の版画は,システィーナ礼拝堂天井のほぼ中央に位置する区画が原画となっている。システィーナ礼拝堂天井フレスコは,「原罪(3葉)」,「エヴァの創造(4葉)」,「アダムの創造(2葉)」の順に隣り合って配置されている。2. Capellani[Cappellan], Antonio(1740頃-1793): イタリア人版画家。ヴェローナあるいはヴェネツィアで生まれる。ローマとヴェネツィアで活動。当巻ギャヴィン・ハミルトンの「イタリア画家集」(1733年)や,1759-60年にローマで出版されたヴァザーリ『美術家列伝』などの挿図を版刻する。カぺッラーニはドメニコ・マイオット,ミケランジェロ,コレッジョらの作品を多く版画にしている。

Signature
Michelang. Buonarota P.Ant. Capellan Sc. 1772

銘記・署名 [Signature]
ミケランジェロ・ブオナローティが描いたアントニオ・カペッラーニ2が1772年に版刻した

Volume/巻番号
22

Plate/葉番号
4

Kamei Collection Number/亀井文庫番号
975

Firmin-Didot Number/Firmin-Didotレゾネ番号
975

Negative Film Number/ネガ記載番号
22004

Image Number/画像シリアル番号
1191

Image Size/画像実寸
214X268

Plate Size/プレート実寸
240X287

Calcografia volume number/Calcografia巻番号
VENTIDUESIMO

Calcografia Number/Calcografiaレゾネ番号
975

Calco_tav_no
tav. 4