Pianta, elevazione e particolari di Templj dorici della Grecia (dal Le Roy).


画像のダウンロード(ファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。)     
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
Title
Pianta, elevazione e particolari di Templj dorici della Grecia (dal Le Roy).

作品タイトル [Title ]
ギリシアのドリス式神殿の平面図,立面図およびその細部(ダヴィッド・ル・ロワに基づく)

Author
Giovanni Battista Piranesi

作者名 [Author]
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージ

Series Title
DELLA MAGNIFICENZA ED ARCHITETTURA DE' ROMANI

シリーズタイトル [Series Title]
ローマの壮麗と建築

Part Number/シリーズ内番号
Tab.XXXIII.

Inscription 1
LES RVINES DES PLVS BEAVX MONVMENTS DE LA GRECEFig. V. A Epistylium. B Regio contignationis, seu Zophorus triglyphis exornatus, ideo institutis, ut contignationem, seu tignorum frontes in Doricis operibus imitentur. C Opæ , seu tignorum cubilia. D Regio contabulationis. E Regio cantheriorum et mutulorum. F Guttæ mutulorum. G Regio templorum. H Regio asserum et denticulorum. I Tigna contabulationis elata ad horizontem mutulorum. Fig. VI. A Epistylium. B Zophorus exterior triglyphis exornatus. C Zophorus interior anaglyphis exornatus, regionem tignorum perperam occupantibus. D Tigna supra Zophorum seu regionem contignationis disposita, nec triglyphis respondentia, nec mutulos imitantia, ut videre est in figura V. littera I. E Lacunaria, sive ornamenta, contabulationem effingentia.

版画銘文・版刻文1 [Inscription 1]
ギリシャ最美の建築遺跡図V. A エピステュリウム[頂上帯]。B 木組みの部分,あるいは,トリグリュフォス〔トリグリフ。ドリス式建築のフリーズ部分に施される三条竪筋装飾版〕によって装飾されたゾフォルス〔柱上の帯状部の中間帯。イオニア式やコリント式では,そこにしばしば彫像が刻まれる〕,トリグリュフォスは,ドリス式建築における木組みを模して,つまりは材の前面を模して,配されている。C オペ[隙間],あるいは梁の合い口。D 板張り天井の部分。E 垂木とムトゥルス〔梁の突き出し/出っ張り〕の部分。F ムトゥルスの露玉飾り。G 野地受けの部分。H 野地と歯飾りの部分。I 板張り天井の梁,ムトゥルスの面にまで上がっている。図VI. A エピステュリウム。B トリグリュフォスによって装飾された,外部ゾフォルス。C 浅浮き彫りによって装飾された,内部ゾフォルス。浅浮き彫りは,奇妙なことに梁部分の位置を占めている。D ゾフォルスの上,あるいは木組み部分の上に配置された梁。トリグリュフォスに対応もせず,ムトゥルスを模してもいないことが,図VのIより見て取れる。E 板張り天井を構成する,格間あるいは装飾。

Inscription 2
Fig. I. Ichnographia aedis Corinthi, ex Le-Royo p. 2. Tab. III. Fig. I.A Ordines columnarum, quarum nulla columnis peristyli respondet.B Antæ columnis A nimium propinquantes.Fig. II. Ichnographia æ dis Thesei, ex Le-Royo part. 2. Tab. IV. fig. I.AB Antæ nulli columnarum respondentes Fig. III. Contignatio æ dis Thesei, ex Le-Royo part. 2. Tab. V. fig. I.ABCD Epistylia aedem undique ambientia.EFG Epistylia contignationis imposita epistyliis æ dem ambientibus, et aberrantia a mediis columnar[um], tetrantib[us] quæ notantur HIKLFig. IV. Orthographia frontis æ dis Thesei, ex Le-Royo part. 2. Tab. IV. fig. II.AB Triglyphi a mediis columnarum tetrantibus aberrantes. CD Intercolumnia angularia undiq[ue] cæ teris retractiora.Fig. V. Materiatura fabrilis sectioni figurae VI composita, qua interiora peristyli aedis Thesei ornamenta nec locum, nec ordinem tueri deprehenduntur.Fig. VI. Sectio aedis Thesei efficta secundum lineam AC figurae II. sive lineam MN figurae III.

版画銘文・版刻文2 [Inscription 2]
図I. コリントス式神殿の平面図。ル・ロワ1第2部の図版III,図Iより。A 円柱の列。どの円柱もペリステュリウム[周柱廊]の円柱〔の並び方〕には対応しない。B アンタ[壁端柱形]。円柱の列Aに非常に近づいている。図II. テセウス神殿〔実際はヘファイストゥス神殿〕の平面図。ル・ロワ第2部の図版IV,図Iより。AB アンタ。いずれの円柱にも対応しない。図III. テセウス神殿の木組み。ル・ロワの第2部,図版V,図Iより。ABCD 神殿の四方を巡るエピステュリウムEFG 木組みのエピステュリウム,神殿の四方を巡るエピステュリウムに接合されるが,HIKLで示される円柱の中心線からは外れている。図IV. テセウス神殿正面の立面図。ル・ロワ第2部の図版IV,図IIより。AB トリグリュフォス〔トリグリフ。ドリス式建築のフリーズ部分に施される三条竪筋装飾版〕,円柱の中心線から外れている。CD 四隅の柱間,他の柱間よりも狭くなっている。図V. 木構造,図VIの断面図に対応するもの。ここから,テセウス神殿のペリステュリウムの内部装飾が,位置も順序も守っていないことが見て取れる。図VI. テセウス神殿の断面図,図IIの線ACに沿って,あるいは図IIIの線MNに沿って,描いたもの。

版画銘文・版刻文2の訳注
『ギリシア最美の建築遺跡』Les Ruines des plus beaux monuments de la Gr縦eを出版したジュリアン=ダヴィッド・ル・ロワJulien-David Le Roy(1724年-1803年)のことである。彼はフランスの建築家で,著述家でもある。1750年にローマ賞を受賞し,ローマに1751年-1754年に滞在した後,1754年にアテネ行きを許可された。デロス島を訪ねた後に,アテネでスケッチや測量を数ヶ月し,コリントやスパラトも訪ねた。同時期にイギリスの2人の建築家ジェームズ・スチュワートとニコラス・レヴェットがギリシャで調査を行っていたが,彼等の同主題の学術書よりも早く, 1758年に『ギリシア最美の建築遺跡』を出版した。その著作は,多くの建築家たちに影響を与えた。

Signature
Piranesi F.

銘記・署名 [Signature]
ピラネージ作

Volume/巻番号
7

Plate/葉番号
33

Kamei Collection Number/亀井文庫番号
317.a

Firmin-Didot Number/Firmin-Didotレゾネ番号
317.a

Negative Film Number/ネガ記載番号
7042

Image Number/画像シリアル番号
362

Image Size/画像実寸
337X264

Plate Size/プレート実寸
384X270

Calcografia volume number/Calcografia巻番号
SETTIMO

Calcografia Number/Calcografiaレゾネ番号
317.a

H.Focillon Number/H.Focillonレゾネ番号
961

H.Focillon's description
961. XXXIII. Id. -- Sig. en bas à dr. -- H. 0.335. L. 0.265. -- Double fil. d'encad.

H.Focillon記述 [H.Focillon's description]
961。図版33。同一図版〔ルロワに基づくギリシャの様々なドリス式神殿の平面図,立面図および細部〕。−右下に署名。−高さ0.335,長さ0.265。−二重の枠線。

J.W.Ely Number/J.W.Elyレゾネ番号
793

J.W.Ely's Title
Plans, elevation and details of Greek Doric temples after Le Roy.

J.W.Ely's description
Signature, lower right.

Taschen Number/Taschenレゾネ番号
470

subject
details of construction

Calco_tav_no
tav. 33

subcategoria
plans, elevations, sections, extraction diagrams

comment
[以下、小池]小屋組み[contignatio : 森田訳は「木組み」Vitr. 2.8.20]木部の組み立て方[materiatura fabrilis : 森田訳Vitr. 4.2.2]ゾフォルス[zophorus : 準・森田訳Vitr. 3.5.10]合い口[cubile (接合面、目地): 森田訳Vitr. 2.8.4]板張り天井[contabulatio : 小池訳、cf. Vitr. 10.15.3-4]露玉[gutta : 森田訳Vitr. 4.3.6]歯飾り[denticulum : 森田訳Vitr. 3.5.11]浅浮き彫り[anaglyphon:小池訳、Vitr.には使用例無し]