Varie basi ed un fusto di colonne.


画像のダウンロード(ファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。)     
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
Title
Varie basi ed un fusto di colonne.

作品タイトル [Title ]
円柱の礎盤および柱身

Author
Giovanni Battista Piranesi

作者名 [Author]
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージ

Series Title
DELLA MAGNIFICENZA ED ARCHITETTURA DE' ROMANI

シリーズタイトル [Series Title]
ローマの壮麗と建築

Part Number/シリーズ内番号
Tab.XI

Inscription 1
LES PLVS BEAVX MONVMENTS DE LA GRECEIn aede Erecthei.Deli inter rudera cujusdam aedis.In aede Erecthei.Ex Le-Royo parte 2.In villa E(xcellentissi)mi Cardinalis Albani extra Portam SalariamIn villa Corsinia extra Portam S. PancratiiIn villa BurghesianaIn villa Barbarinorum prope AlbamIn Pantheo AgrippaeIn aede VerospiaIn villa PalumbariaIn mausoleo AugustiIn aede SS. Nerei et AchilleiIn fronte januae domus Mastrotiae in area S. Hieronymi de CharitateIn villa E(xcellentissi)mi Card. Alexandri Albani extra Portam SalariamIn vinea PP. SS. Dominici et Sixti prope aedem SS. Nerei et Achillei.In vinea S. Ioannis ante Portam Latinam.

版画銘文・版刻文1 [Inscription 1]
ギリシャ最美の建築エレクテイオンにて。デロス島の、とある神殿の廃虚にて。エレクテイオンにて。ル・ロワ1第2部による。サラリア門外のアルバーニ枢機卿猊下の屋敷2〔現トルロニア荘〕にて。サン・パンクラツィオ門外のコルシーニ荘にて。ボルゲーゼ荘にて。アルバーノ《カストラ・アルバナ》付近のバルベリーニ荘にて。アグリッパのパンテオン3にて。ヴェロスピ館にて。パロンバラ荘にて。アウグストゥス帝の墓廟にて。サンティ・ネレオ・エ・アキレオ教会にて。サン・ジローラモ・デッラ・カリタ教会の敷地にあるマストロッツィ館の入口正面にて。サラリア門外のアレッサンドロ・アルバーニ枢機卿猊下の屋敷にて。サンティ・ネレオ・エ・アキレオ教会付近のサンティ・ドメニコ・エ・シスト教会の葡萄畑にて。サン・ジョヴァンニ・ア・ポルタ・ラティーナ教会の葡萄畑にて。

版画銘文・版刻文1の訳注
『ギリシア最美の建築遺跡』Les Ruines des plus beaux monuments de la Gr縦eを出版したジュリアン=ダヴィッド・ル・ロワJulien-David Le Roy(1724年-1803年)のことである。彼はフランスの建築家で,著述家でもある。1750年にローマ賞を受賞し,ローマに1751年-1754年に滞在した後,1754年にアテネ行きを許可された。デロス島を訪ねた後に,アテネでスケッチや測量を数ヶ月し,コリントやスパラトも訪ねた。同時期にイギリスの2人の建築家ジェームズ・スチュワートとニコラス・レヴェットがギリシャで調査を行っていたが,彼等の同主題の学術書よりも早く, 1758年に『ギリシア最美の建築遺跡』を出版した。その著作は,多くの建築家たちに影響を与えた。 考古学者ヴィンヶルマンと親しい友人であったアレッサンドロ・アルバーニ枢機卿は,1743年から1763年にかけてこのすばらしい館を古代美術のコレクションを展示する場として建てた。カルロ・マルキオンニの代表作である。1866年に館とコレクションは,アレッサンドロ・トルロニアの手に渡った。 アグリッパが作ったパンテオンは,後にハドリアヌス帝が作り替えたパンテオン(現存する円堂形式の神殿)の正面列柱部分にあったことが,部分的発掘によって確認されている。長いこと現存するパンテオンがアグリッパによるものと考えられていたのは,その碑文に先人の功績を称えて「アグリッパが建造」と記されていたからであり,200年頃ローマで活躍したディオ・カシウスの記述もそのように解し,広く受け入れられていたからである。

Signature
Piranesi F.

銘記・署名 [Signature]
ピラネージ作

Volume/巻番号
7

Plate/葉番号
12

Kamei Collection Number/亀井文庫番号
296

Firmin-Didot Number/Firmin-Didotレゾネ番号
296

Negative Film Number/ネガ記載番号
7014

Image Number/画像シリアル番号
334

Image Size/画像実寸
392X605

Plate Size/プレート実寸
397X610

Calcografia volume number/Calcografia巻番号
SETTIMO

Calcografia Number/Calcografiaレゾネ番号
296

H.Focillon Number/H.Focillonレゾネ番号
943

H.Focillon's description
943. XI. Bases de colonnes, un fût (Villa Albani, V. Corsini, V. Borghese, Panthéon, etc.). En haut, au mil., schéma comparatif extrait de Le Roy. -- Sig. en bas à dr. -- H. 0.39. L. 0.60. -- Fil. id.

H.Focillon記述 [H.Focillon's description]
943。図版11。柱基,および柱身 (アルバーニ荘,コルシーニ荘,ボルゲーゼ荘,パンテオン等) 。上部中央に,ルロワから抜粋した比較図がある。−右下に署名。−高さ0.39,長さ0.60。−二重の枠線。

J.W.Ely Number/J.W.Elyレゾネ番号
771

J.W.Ely's Title
Various column bases compared with details from Le Roy.

J.W.Ely's description
Villa Albani, Villa Corsini, Villa Borghese, Pantheon, etc.

Taschen Number/Taschenレゾネ番号
448

The Museum of Modern Art, Kamakura & Hayama Catalog Number
78

subject
archeological objects

Calco_tav_no
tav. 11

subcategoria
column bases, columns

comment
Villa Corsinia=コルシーニ荘?Villa Palumbaria=パルンボ荘?Mastrotiae=マストロッツィ宮?aedes Verospia=ヴェロスピ宮?