コレクション紹介

農学生命科学図書館コレクションでは、東京大学農学生命科学図書館の蔵書をデジタル化し公開しています。

■「国牛十図」について
「国牛十図」(コクギュウジュウズ)は、農学生命科学図書館の貴重書の一つです。
この資料は鎌倉末期に成った国産の牛を図説するもので、安永7(1778)年 に書写されたものとして当館に所蔵されています。
詳しい内容については、東京大学農学部創立125周年記念農学部図書館展示企画のサイトをご覧ください。

 

■「東京帝國大學農學部建物位置圖」について
大正11(1922)年の駒場キャンパスの構内図です。当時、農学部は駒場にありました。この図では建物に番号が振られ、番号と建物名称の表が付いています。圃場を含む敷地全体が描かれており、現在の駒場キャンパスよりも広い敷地だったことがわかります。
参照:現在の駒場地区キャンパスマップ
https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/campus-guide/map02_01.html

 

■「東京帝國大學本部構内及農學部建物鳥瞰圖」について
昭和12(1937)年の本郷キャンパスの構内図です。農学部の本郷移転(昭和10年)から2年後にあたり、当時の状況がわかります。建物等が立体的に描かれ、キャンパス内に点在する銅像なども書き込まれています。なお、この図は印刷されたものであり、総合図書館にも同一のものが存在しますが、当館所蔵の図は彩色が鮮やかに残っており、貴重と考えられます。
参照:現在の本郷地区キャンパスマップ
https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/campus-guide/map01_01.html

 

■「農科大學桑樹見本園各種摺葉譜」について

東京帝国大学農科大学の桑樹見本園で育てられていた桑樹、約750種類の葉を魚拓のように写し取ったものです。様々な形の桑の葉をご覧いただけます。
本資料の序文によると、農科大学の前身である駒場農学校では明治14年(1881)に桑園を設置し、明治17年(1884)に増設しました。当時植えられていた桑は100種程度でした。明治21年(1888)に日本各地の桑種を収集して桑樹見本園となり、本資料が作成された大正7年(1918)には約750種を育て、外来種の収集にも努めていたようです。