西説醫範提綱釋義 3巻

画像のダウンロードファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。ダウンロードがうまく実行されない場合には、こちらのダウンローダをご利用ください(但しWindowsのみに対応)。   
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
資料名(ヨミ)
セイセツイハンテイコウシャクギ
Seisetsuihanteikoushakugi

コレクション名
古典籍コレクション [医学図書館]

言語
日本語

編著者
宇田川榛齋 譯述
諏訪俊 筆記

刊行年、書写年等
文化2年

内容記述
請求記号: HR:61
資料解説: 宇田川榛齋はいくつかの西洋解剖書を翻訳しまとめた「遠西医範」を刊行しようとしたが、実現できなかった。「西説醫範提綱釋義」は榛齋の門人諏訪俊により、その抄本として出された。江戸時代の解剖書の中では最も普及した。内容が平易で病理学や疾病の原因まで及んでいる。題簽タイトル「醫範提綱」。見返しタイトル「和蘭内景醫範提綱」附図:「 西説醫範提綱内象銅版図 」。
刊年2: 1805

形態
3冊 26cm