水野家古文書(水野忠幹氏旧蔵書文書)

画像のダウンロード(ファイルサイズが大きくなる場合がありますのでご注意ください。)     
メタデータのエクスポート   json-ld       rdf/xml       turtle       n-triples   
メタデータ / Metadata
説明
水野家古文書(水野忠幹氏旧蔵書文書)
概要

本文書は、紀州徳川家の附家老であった水野家が所蔵していた古文書類で、太政官牒二紙、複数の古文書を表装した巻子三軸からなる。
これらは明治33(1900)年に、水野家第十代当主忠幹(ただもと)から南葵文庫に寄贈されたものである。関東大震災の後、南葵文庫の蔵書は東京帝国大学へと寄贈されるが、本文書は未整理のまま留め置かれていた。このたび調査が行われ、東京大学総合図書館はこの5点を貴重図書に指定した。

解題

【太政官牒について】(A00:6584)
【古文書巻子三軸について】(A00:6585)

富田正弘(富山大学名誉教授)
小島浩之(東京大学大学院経済学研究科講師)