資料の解説

当館が所蔵する「測地原稿図」(そくちげんこうず)は、19世紀はじめに伊能忠敬(1745-1818)により行われた測量の結果を記した下図で、93枚から成ります。国内外の様々な機関でこのような測量図が所蔵されており、総称して「伊能図」ともよばれています。この「測地原稿図」も含め、膨大な量の測量結果に基づき、1821(文政4)年に「大日本沿海輿地全図」が完成しました。
伊能図の特徴の一つに、紙を重ねて下図の上から各点を針で突き、下の紙に写し取りを行ったことから、無数の針穴が残っていることが挙げられます。本サイトで公開する画像でも、墨線に沿って針穴が並んでいることが確認できます。


参考文献
渡辺一郎「東京大学附属図書館蔵伊能忠敬測地原図について」
月刊古地図研究 第25巻 7号 1994年


東京大学附属図書館特別展示 日本天文学の歩み ~世界天文年2009によせて~
資料解説 「20測地原稿図」
https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/html/tenjikai/tenjikai2009/shiryo/kaisetsu20.html
(参照 2020-06-24)

星埜由尚, 鈴木純子, 渡辺一郎著
『伊能図の概説と各図解説』(伊能図大全 第6巻)河出書房新社 2013年