コレクション解説

田中芳男・博物学コレクションについて

田中芳男・博物学コレクションでは、東京大学総合図書館所蔵の田中芳男文庫(約6,000冊)のうち『捃拾帖』をはじめとする資料をデジタル化し公開しています。

「田中芳男・博物学コレクション」のインターネット公開に際して、コレクションの中核を成す『捃拾帖』の資料解説として、電気通信大学 大学院情報理工学研究科・佐藤賢一 准教授に「田中芳男文庫と『捃拾帖』について」を執筆いただきました。
「田中芳男文庫と『捃拾帖』について」は、こちらのページをご覧ください


田中芳男について
田中芳男(たなか よしお・1838(天保9)年 ~1916(大正5)年)は信州飯田藩の医師の家に生まれ、若い頃、医術、本草学を名古屋の伊藤圭介(日本で初の理学博士号取得者、後に東大教授)に学び、その後多くの博物関係の資料及び標本を収集しました。(詳しくは、上記の 「田中芳男文庫と『捃拾帖』について」 をご参照ください。)

田中芳男文庫について
田中芳男文庫は、孫の田中美津男男爵によって1931(昭和6)年に東京大学に寄贈されたもので、我国における博物学及び博覧会関係の貴重なコレクションです。


「田中芳男・博物学コレクション」の公開資料(2020年3月時点)

  • 捃拾帖
  • 外国捃拾帖
  • 新古大捃拾帖
  • 博物帖
  • 捃拾印刷雑帖
  • 物産雑説
  • 物産宝庫

史料編纂所「摺物データベース」との連携 - 電子展示『捃拾帖』の構築について

史料編纂所が公開する「摺物データベース」では、『捃拾帖』第1帖から第15帖に貼り込まれた資料単位の検索サービスが提供されてきました。2019年1月15日、「摺物データベース」の『捃拾帖』書誌データと「田中芳男・博物学コレクション」の画像を結び付けた「電子展示『捃拾帖』[くんしゅうじょう]」を公開しました。こちらも是非ご利用ください。

・電子展示『捃拾帖』
 https://kunshujo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/

「田中芳男・博物学コレクション」と「電子展示『捃拾帖』」の見取り図


・史料編纂所 摺物データベース
 https://wwwap.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/shipscontroller
 ・キーワードに「総合図書館」と入力して検索してください。
 ・検索結果一覧の「詳細」から、各資料の情報を確認できます。