この資料について

「霞亭文庫(かていぶんこ)」は総合図書館が所蔵する貴重図書であり、明治期の小説家・新聞記者である渡辺霞亭(1865-1924, 本名は渡辺勝)の旧蔵書で、江戸時代を中心とした小説・演劇関係の和書1,159点から成るコレクションです。
内容は御伽草紙、仮名草子、浮世草子などのほか、江戸時代の通俗的な絵入り読み物である草双紙や、浄瑠璃、歌舞伎など多岐にわたります。
詳細は、コレクション-霞亭文庫のページをご覧ください。
 

また「霞亭文庫」の参考文献として、元東京大学附属図書館職員の小林元江氏による論文を著者の許諾を得て全文公開しています。あわせてご覧ください。

(1)小林元江.”「霞亭文庫目録」の作成を終えて”.図書館の窓.21(12).p.95-97.1982.12.

 HTML形式     PDF形式

(2) 小林元江.”「霞亭文庫目録」紹介”.大学図書館研究.23.p.44-49.1983.11.

 HTML形式     PDF形式